パチスロ依存症歴16年、ギャンブル依存症でうつ病まで併発させた私の依存症克服記録です。その日の脳内実況、自分なりの対策、対策知識等を書き溜めています。依存症で苦しんでいる方々、又はその家族の参考になれば幸いです。
Profile
Search this site.
recommend
ランキング表
ランキング投票お願い致します
記録56日→87日、からの
カウントダウンタイマー
recommend
MOBILE
qrcode
Others
<< パチスロ依存症克服中 63〜69日目 | main | 本当に重たかったお金は実は… >>
ボーナスが出ると金銭感覚がおかしくなる

 そろそろボーナスの時期ですね。

 私は社会人になって暫く、ボーナスが出ない時期が長かったです。

 毎月の給料で、パチ屋へ行ける額が決まって

 完全にオケラになると我慢せざるを得ず

 惨めな気分で毎日を浪費していました。

 

 幸いと言っていいのか、借金だけはしなかったんです。

 敷居が高いと言うか、何となく「前科者」みたいに

 消費者金融を使う人ですよというデータベースに入るのが嫌で

 惨めで死ぬほど辛かったりしても、借金ギャンブルだけはしなかった

 心のどこかで、借金さえしてなければ依存症じゃないから大丈夫

 などと思い込んでいたのでしょう。

 

 さて、そんな生活を数年経て、ちゃんと正社員で就職して

 ボーナスなんてものが出るようになったら

 毎月の給料で負けて行かれなくなってもボーナスの余裕がある

 なんて状態になって、ボーナスも全部パチ屋へ溶かしていました。

 借金しなければイイなんてとんだ勘違い

 将来のために与えられた、人生で限られた賞与を

 惜しげもなくパチ屋へ費やす日々へと突入です。

 

 収入が増えればパチ屋での負け額が増えるだけでした。

 借金しなければ…などと思いながら、

 貯蓄しなければならないお金は全部溶かしました。

 そして、次の賞与を貰った時に毎回思うんです。

 今度こそ、月の給料以外のお金は使わないぞ、と。

 今度こそ、賞与分だけは貯蓄に回すぞ、と。

 

 結局、そんな誓いは5年に渡って破り続けました。

 給料の分だけパチ屋へ通い続けて、

 1週間でアッサリ負けて行かれなくなって

 とりあえず手元にお金がある状態で

 負けを取り戻そうとしないワケがなかったんです。

 結局、給料は使う、賞与は使わない、などと線引き出来るワケ無いんです。

 だって、私はのめり込みギャンブラーだったのだから。

 

 パチ屋へ行かないようにするには

 このお金は使っていいとか、このお金はダメだとか

 そういう考えでは、ズルズル使ってしまって

 取り返しのつかない負債を抱えるまで、時間はかかりません。

 負けを取り戻そうとかムキになってしまうに決まってます。

 

 禁パチ始めて半年が経過して

 初めて、前回の賞与がちゃんと使うべきものに使われた気がします。

 残念ながら、半年で2度ほど行ってしまったので

 若干目減りしましたが、とにかく生き残りました。

 今度の賞与こそ、目減りさせずに次回に残す!

 そのため必要な事はただ一つ

 1度たりともパチ屋へ行かないことです。

 

 今回は、アメと鞭じゃないですけど、一つ自分に言い聞かせました。

 次回の賞与まで1度もパチ屋へ行かなかったら

 自分へのご褒美に何か一つちょっと高い買い物をしよう。

 ジョギング用のGPSウォッチか、タブレット末端か

 2〜3万円、自分へのご褒美を与えようと決めています。

 

 パチ屋で使うにはアッという間のお金なんですけど

 パチ屋へ行かなくなったら大金ですよね。

 月に浮く小遣いは数千円。

 半年でようやく貯まる数万円ですよ。

 そんなお金だと思っていれば、きっと頑張れる。

 

 半年後も、禁パチしていてよかったと思えるように

 半年後も、今のジョギング生活を続けていられるように

 今日も一日「ありたい自分」でいられますように。

 

 〜〜禁パチ半年で見えてきた依存症克服術〜〜

  禁パチが長続きする考え方

  身の丈に合った金銭感覚を

  モノに頼らず人に頼って

 

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

  ↑ランキング投票お願い致します

 

 

| 只今依存症克服中 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック