パチスロ依存症歴16年、ギャンブル依存症でうつ病まで併発させた私の依存症克服記録です。その日の脳内実況、自分なりの対策、対策知識等を書き溜めています。依存症で苦しんでいる方々、又はその家族の参考になれば幸いです。
PR
Profile
Search this site.
recommend
ランキング表
ランキング投票お願い致します
記録56日→87日、からの
カウントダウンタイマー
recommend
MOBILE
qrcode
Others
<< やっと手にしたお金で考える | main | ボーナスが出ると金銭感覚がおかしくなる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
パチスロ依存症克服中 63〜69日目

 毎週、私は自身を「完治しない病気」を患った人と捉え

 治らないなりに、克服への記録をと毎週記していますが…

 最近は症状に別段変化が見られないので、

 特にこれと言って書くことがございません。

 

 パチ屋へ行きたい気持ちが起きなくなった

 これ自体は凄くいい事だと思っています。

 金銭感覚も随分戻ってきたのか

 手元に多少のお金があっても、その使い道として

 パチ屋が第一選択にならなくなったように思います。

 

 タバコも辞めて、毎月の小遣いには多少の余裕があります。

 小遣いに余裕が出来ると、お酒が増えるんじゃないかと心配しましたが

 幸いにも、ついでに始めたジョギングのおかげと

 お酒を飲みすぎるとタバコ吸いたくなるという問題もあって

 今の所、お酒が極端に増えたりもしていません。

 

 さて、こんな状態が続いていると、

 周りからは「辞めた人」「変化に成功した人」と見られ始めます。

 私自身は、未だ「辞め続けている人」「変化しつつある人」だと思っています。

 

 パチ屋へ行きたい気持ちがおさまったと言っても

 嫌いになったワケではありません。

 ただ、選択肢としての優先順位が下がった状態だと思っています。

 今まで、多少の時間とお金があれば

 (いや、正確にはお金は無い時でさえ)

 すぐにパチ屋へ行きたくなっていたものです。

 その癖が抜けて、多少お金があったら他の事に使おうと思うようになった。

 そのお金が増えるかもしれないという楽観的・希望的観測をしなくなった。

 そのお金が一瞬で楽しむことなく消えるだろうと思うようになった。

 

 パチ屋に日々通っていた頃は、

 勝った記憶ほど残り、負けた思い出はスグ忘れていたように思います。

 長いことパチ屋へ行かなくなると

 負ける恐怖感は残り、都合良く勝つことなど少ないと思えるようになったのでしょう。

 これは、日々他人のブログを見たり、記事を見たりした成果かもしれません。

 

 依存症克服は、多角的に治療していく必要があるのかもしれませんね。

 行きたい気持ちを抑えるには

 勝てるかもという誘惑を冷静に断ち切って、リスクを考えるようにすること

 パチ屋以外の楽しめる趣味を見つけて、居場所ややる事を見つけること

 何か単一の、コレで依存症克服しました!と言う特効薬よりも

 周りの、コレで克服出来るかも!を色々試していくのがいいのかもしれません。

 

 禁煙してジョギング始めて

 小遣いに余裕を持たせて、リスク冒してお金増やしにかからなくても良くなって

 低投資で自分磨きが出来るようになってきても

 まだまだ自分を「克服した」と思える段階では無いですが

 頭に描いていた「克服した後のありたい自分」には近づけているように思います。

 今日も一日「ありたい自分」でいられますように。

 

 〜〜禁パチ半年で見えてきた依存症克服術〜〜

  禁パチが長続きする考え方

  身の丈に合った金銭感覚を

  モノに頼らず人に頼って

 

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

  ↑ランキング投票お願い致します

 

 

| 只今依存症克服中 | 22:20 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - | このページのトップへ
>シャンパンさん
 完治はしないけど克服は出来る…克服は出来るけど完治はしない。克服と完治って何が違うの?と悩んだりもしました。
 恐らくですが、行きたいと全く思わないようになって克服。行っても楽しまずのめり込まず適度に遊べる性格になることが完治、なんでしょうね。
 行きたいと思わなくなった、克服出来たと思いつつ、だったらちょっとくらいって行きたくなってる。まだ完全克服と言う自信は無いな〜、と思いながら日々禁パチしています。ちょっとくらいで行っちゃったら元に戻るかもしれない、だって完治はしていないから。そう自分に言い聞かせて、お互い「ありたい自分」でいられるように頑張っていきましょう!
| ぢゃっき〜 | 2017/06/22 12:07 AM |
こんにちは

私も「完治しない病気」と考えるようにします。絶対ゼロにはできないんだと改めて思いました。

確かにスロットの無い生活は素晴しいと心底思っています。スロットが第一選択でなくなったし、もがき苦しむような辛い状態でもありません。

でも気付いたんです、「だったらちょっとくらい打っても、もう大丈夫じゃないか」って考えている自分がいることに。

「だったらちょっとくらい…」
本当に危険ですよね。
こういうのを魔がさすっていうのでしょうか。安定してるが故に、日常になりつつあるが故に、警戒心が薄れてきているのかもしれません。

危うくダークサイドに落ちるところでした。
「完治しない病気」、改めて心に刻みます!
| シャンパン | 2017/06/20 8:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック