パチスロ依存症歴16年、ギャンブル依存症でうつ病まで併発させた私の依存症克服記録です。その日の脳内実況、自分なりの対策、対策知識等を書き溜めています。依存症で苦しんでいる方々、又はその家族の参考になれば幸いです。
Profile
Search this site.
recommend
ランキング表
ランキング投票お願い致します
記録56日→87日、からの
カウントダウンタイマー
recommend
MOBILE
qrcode
Others
<< ギャンブル依存の重症度 其の2 | main | やっと手にしたお金で考える >>
ギャンブルで勝ったら実力という思い込み

 ギャンブル依存症と大雑把に言うこともありますが、

 内訳はパチンコだったりパチスロだったり競馬だったり

 色々な人がいますよね。

 私は完璧にパチスロ依存症でした。

 パチンコは基本負けるから普段はやらない。

 競馬は年に一万円も使わない。

 なんでパチスロだけあんなにハマッて酷いことになったのか?

 

 パチスロは、運より実力だと思っちゃったんですよ。

 パチンコは所詮運頼みでしょ?

 釘読みとかあるのかもしれないけども

 大当たり確率、出玉、確変確率を考えて

 千円で何回転出来るか計算するとさ

 長くやるほど、確率的には負ける方に収束するって思ったんです。

 だから、パチンコは長くやり続けるもんじゃないなと思ったんです。

 

 でもさ、パチスロは、設定が高ければのハナシですけど

 高設定だと読み切ってブン回せば

 確率的には勝てる方向に収束するもんだって思ったんですよね。

 それ自体はまぁ間違ってないのかも知れないけども

 実際勝った時に、自分に酔っちゃうんですよ。

 設定読みきったとか、他の客を出し抜いたとかさ。

 実力で勝ったと思っちゃったんですよ。

 

 そうして、ちょっと連勝したりすると

 自分の読み理論は間違ってない、この狙いで勝ち続けられるとか

 勝ちに拘ってしっかり台選びすれば破滅しないとか

 自分は勝てる類の上級ギャンブラーだと信じ込んだりしたものです。

 

 そして、負けた時には色々言い訳しちゃったんですよ。

 確率通りに収束しなかったとか

 余裕あるから今日は楽しみ優先にしただけだとか

 今日はイイ台空いてなくて仕方なく打っただけだとか。

 

 それでも、その台に座ったのは期待感があったからだったのに。

 勝ったら実力、読み切ったと自分に酔って

 負けてもたまたま、何かがおかしかっただけと思って

 自分の理論、読み通りにやれば勝ちに収束するはずだと思ったりして。

 

 でもさ、現実を見て、何年かの成績を見て

 実際にはどう収束したか、よく考え直してみたらさ

 やっぱり負けに収束してたんですよ。

 勝ちに収束するって思いのせいで歯止めが効かなくなって

 パチンコや競馬と同じだった、負けに収束してるギャンブルに

 本来使っちゃいけないお金、将来を凌ぐお金を注ぎ込んで

 日々「どうしよう…こんなはずじゃ…」って思って

 そんな状態になってもまだ、勝ちに収束するって思ってたんですよ。

 

 時には、もう勝てないから辞めなきゃいけないと頭をよぎっても

 今日行ってイイ台あったら、天井近い台が放置されてたらなんて思って

 ついついパチ屋へ足を運んで、行ったからには打たなきゃと思って

 最初は、勝てる見込みが高い台が無かったら帰ろうと思ってたハズなのに

 ついつい、ひょっとしたらと思って打ってしまって

 打って負けた後で、今日は本気で戦って無い、仕方ないとか言い訳して。

 

 パチスロは勝てるギャンブルだなんて

 あの成績でよくそんな考えに固執したなぁと今更ながら思います。

 パチ屋へ行かなければ、絶対に負けない。

 負けに収束する日々から、プラマイゼロに収束する日々になるだけで

 無茶して勝って得ようとした日々に、一歩近づくんですよね。

 あの日々よりちょっと豊かな生活に近づくんですよね。

 

 パチ屋で負けて「どうしよう…」と思う日々と

 とりあえず負けずに「どうしよう…」と思わない日々と

 本当に自分が目指してたのは、どっちの生活だったか

 体験してみなきゃ、なかなか気づけないものですね。

 

 やっと「どうしよう…」と思わない日々に出会って

 そんな日々の方が幸せだと思えるようになるまで半年

 悶えながら耐える日々を半年も過ごしましたが

 やっぱりこっちの日々の方がイイものですよ。

 

 今日も一日「ありたい自分」でいられますように。

 

 〜〜禁パチ半年で見えてきた依存症克服術〜〜

  禁パチが長続きする考え方

  身の丈に合った金銭感覚を

  モノに頼らず人に頼って

 

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

  ↑ランキング投票お願い致します

 

| 只今依存症克服中 | 14:10 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
>シャンパンさん
 パチスロでは、予想してその通りの挙動を経て…というのがパチンコと違うのかもしれませんね。パチンコには「予想、読み」というのが乏しく、パチスロでは予想も含めて実力差が出ると思っちゃうからハマったのだと、今思い返してみるとそんな気がします。
 負けたくないなら打たなければいい、そんな当たり前の事を実践して、実際に負けない自分を作るのに長い時間がかかったものです。お金が無くならない幸せを実感して、ありたい毎日をありたい自分で過ごせるように、お互い頑張りましょう!
| ぢゃっき〜 | 2017/06/15 9:34 PM |
こんにちは

私もパチンコじゃなくパチスロでしたね。
学生の頃少しパチンコにハマりましたが、社会人になって完全に足を洗い、今でも全くやりません。
だって入賞口に入らなきゃ、そもそも回りもしないじゃないですかパチンコって。それに比べスロットは自分のタイミングで確実にリール回わせます(笑)。この差がなぜか大きく感じました。

スロットの方が設定があったり、法則があったり目押しやら何かとマニアックですよね。どんなに熱い演出も結局レバーオンで全て決まってると今でこそわかってますが、立ち回りも含め何だか読み切った、征服した、攻略した感を得られました。
予測してその通りの挙動を経て大当り!凄い達成感がありました。
とんでもない勘違いですよね。
後はお決まりのコース…。
熱くなってしまい、1回当てるまではと閉店間際なのにARTを打ち続けるような愚行。5万投入して4万5000円回収、今日は良かったーと思ってしまう時間の無駄。

いま本当にやめて良かったと本気で思えます。

思えば勝ちたいというより、負けたくない思いが強かったです。
負ける自分を認めたくない変なプライドがありました。
でも打たない事で絶対に負けない!
これが凄く良い!
利回りの低い投資信託を長期で運用してるかのような気さえしています。打ち続ければ確実に無くなるお金が無くならないんですもんね。

あとはありたい自分に近づいていると思えるように日々精進。
一緒に頑張らせてください!
| シャンパン | 2017/06/15 7:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック