パチスロ依存症歴16年、ギャンブル依存症でうつ病まで併発させた私の依存症克服記録です。その日の脳内実況、自分なりの対策、対策知識等を書き溜めています。依存症で苦しんでいる方々、又はその家族の参考になれば幸いです。
PR
Profile
Search this site.
recommend
ランキング表
ランキング投票お願い致します
記録56日→87日、からの
カウントダウンタイマー
recommend
MOBILE
qrcode
Others
<< 身の丈に合った金銭感覚を | main | パチスロ依存症克服中 56〜62日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
モノに頼らず人に頼って

 依存症はいいかげんな人がなりやすいと思われがちですが、

 実際には真面目で几帳面な人がなりやすいとされています。

 まぁ、当ブログを見る方であればとっくにご存じかもですが。

 ギャンブル依存症になる人も、負けを取り戻さないといけないと思う人

 損を自力で何とか取り戻そうと思ってしまう人がなりやすい。

 負けて「あ〜負けちゃった仕方ないや」で済ませられれば

 そこまで依存症にならないように思います。

 

 さて、そんな事を考えていて目についた記事

 <どうにもならない「依存症」から抜け出す方法>

 具体的な方法は、まぁ他とあまり変わらないですが。

 でも結構ナルホドと思ったのは、

 依存症の人は、他人に依存出来ないからモノに依存する

 モノへの依存を克服するには、他人に依存するのが良い

 といった感じの部分ですね。

 

 確かに、パチ屋に通うのも、最初は楽しんでいて

 だんだん負けを取り戻さないとと思うようになって、

 ハマるうちに「どうしよう、どうにかしなきゃ」と思っていました。

 心の片隅では、この負債は頼めば身内の誰かが助けてくれるかもと思いつつ

 そんな事は言い出したく無いから、自力で何とかしなきゃ

 と思っていました。

 

 自力で何とかしなきゃと思うからハマってしまったものに対して

 自力で克服しようとさらに孤独に頑張るのは大変そうです。

 だから自助グループなどが盛んなのかもしれません。

 自力で頑張り過ぎず、他人に頼って克服していいのでしょう。

 

 間違ってはいけないのが、既にある借金を他人に頼るワケではありません。

 既に依存症になっていると、お金があれば辞めれるものでも無いですし

 いざお金を肩代わりして貰っても、今度はそれを返すためにどうしようと考え

 結局、何とかしなきゃいけないと思いながらパチ屋へ行ってしまうでしょう。

 

 依存症で失ったものを他人に取り返して貰おうってのは違いますが、

 依存症の克服は、適度に他人に頼ってもいいんだと思います。

 依存症になりやすい人は、人に上手く頼れない人らしいです。

 人間はある程度人に依存しあったりしないと生きていけないが、

 人に依存出来ない・しないからモノに依存してしまうのだと。

 

 そしてその治療の1つが、人に依存出来る状態にしてあげること。

 そう考えると、自助グループで人と話すという行為自体が

 又は精神科やカウンセリングで先生に頼ること自体が

 それだけで効果がある事なのかもしれませんね。

 

 記事には「依存症にならないために」のようなこともありましたが、

 当ブログは既に依存症になってる人がどう克服するかを考えていますし、

 まぁ我々には関係無いかな〜と思ってしまいました。

 月の金額を決めるとか、それが出来ないからこうなっちゃったワケですし。

 

 ただ、最後にいいこと書いてありました。

 せめて出来ることは、自分に厳しいルールを課すこと

 自分で何とかしなきゃと際限なく繰り返すのでなく

 厳しく制限していって、少しでも依存から抜け出せるように

 又は他の依存にならないようにしていくことが大事なんですね。

 

 誰しも何かに依存しながら生きているとしても

 悪いものに依存せず、ちょっとでもイイ依存先を探して

 より良い依存先で、より良い人生を求めて

 今日も一日「ありたい自分」でいられますように。

 

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

  ↑ランキング投票お願い致します

 

| ギャンブル依存症の知識 | 11:33 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:33 | - | - | このページのトップへ
>シャンパンさん
 のめり込まない人からすると、友達とノリ打ちするのが楽しいのか、辞めると言っても中々分かってくれませんよね。私は幸いにも仲間全員依存症でした。皆互いに「辞めれるもんなら辞めてみろ」といった感じで、長年かけて一人、また一人と辞めていきました。
 スターウォーズの例え、面白くてイイですね。私も同じように考えてみると…禁パチ始めた瞬間は、家族が苦しむ姿を見て改心したベイダー卿ってトコですかね。周りの声に耳を傾けて、自分だけがよかった生き方を改善して。
 115日継続出来ているのも、自分に合ったストッパーとしての考え方が身についている成果なんでしょうね。私もとりあえず100日超えれるように頑張りますm(__)m
| ぢゃっき〜 | 2017/06/12 9:24 PM |
こんにちは

この記事の内容、だいたい私にも当てはまります。
比較的真面目で几帳面、わりと自分で物事を解決しようとするタイプです。友人も少なめでこちらから誘って何かするのは苦手、受け身な事が多いです。

私にスロットを教えた友人は、適度にスロットと付き合えている稀有な存在ですが、ここで言うところの、人に上手く依存していると言えそうです。
打ちに行く時も私は一人で集中して打ちたい派ですが、彼は「そんなこと言わないで一緒に行きましょうよー」といつも言いますし(笑)、打ってるときもよく話しかけてきます。席も良く立って気持ちをリセットしてますね。

辞めようとしてる私に対して、彼はいつも「○○さん、そんなイチがゼロで考えなくても、5スロとかにレート落として適度にやれば良いじゃないですか」と言います。
私は「それは例えて言うと、覚醒剤辞めるのに大麻やるのと同じだよ、辞めるなら一切やめないと、いつ覚醒剤に戻ってしまうかわからない」と平行線でしたけれど…。
適度にスロットと付き合える彼が羨ましいですが、私にはそれは無理だと諦めました。

突然ですがスターウォーズはご存じですか?
私は好きなスターウォーズになぞらえて、
ありたい自分=ジェダイマスター
打ちたい自分=ダースベイダー
ということにしています。

今の私はジェダイの騎士になるために修行中のアナキン・スカイウォーカーで、打ちたい気持ちに負けてダークサイドに落ちるとダースベイダーになり、オビ=ワン・ケノービに師事しやり遂げればジェダイマスターになれるということにして、気持ちが揺らいだら、ダースベイダーのお面を被った自分をイメージし、踏みとどまるようにしています。

今のところ115戦(115日)全勝です(^^)

長文失礼しました。




| シャンパン | 2017/06/12 8:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック